進め!八戸せんべい汁推進委員会

カテゴリ:八戸えんぶり関連( 84 )

【八戸えんぶりまであと7日】 えんぶり展潜入調査!その1

 ある週末のことでした。平穏な八戸市内に、突如現れた怪しい黒い影。某所の前をちらほらと・・・?
c0048667_12303195.jpg
 ってなわけでなかちっぱが八戸市博物館前に現れた! さて、これから一体何をするつもりなんでしょう? ヒントはガラスに貼ってあるポスターです。見えるかな?w 
c0048667_12342256.jpg
 そう、行ってきちゃいました<えんぶり展>! 毎年博物館でこの時期になると行われてるようですが、見に来たのは今回が初めて。それどころか博物館に行くこと自体久しぶり。(小学校の時に行ったきり、って人も中にはいるのでは?) 今回はブログのネタにするということで、ちゃっかり開催日の2/4に突撃してきちゃいましたよ。
c0048667_12422599.jpg
 「よーし、ばんばん写真撮っちゃうぞ~!」と意気込む私を出迎えてくれたのが、このミニチュアえんぶり人形たち。小さいながらもよく出来てます、これ。
c0048667_12452583.jpg
 でもってそのミニチュアの後ろには・・・等身大のえんぶり人形たちが立っている! 最初見たとき本物の人達だと思ってぎょっΣ(゚д゚lll)としましたが、よくよく見ると動き止まってました・・・w
c0048667_17285564.jpg
 ここいらで簡単にえんぶりの説明をしましょうか。まぁ私もそんなにえんぶりについて詳しくないんでわかりにくいかもですけど・・・

 上の写真にもあるとおり、えんぶりは鎌倉時代に始まったと言われてます。“えんぶり”という名前の由来は、昔「えぶり」という農具を手に持って舞ったことから起こったらしく、それが訛って“えんぶり”となった模様。

 今まで私、えんぶりはずっと豊作祈願や大漁を願って舞っていたと思っていたんですが・・・この文章を見る限り、元は田植え踊りから始まったものなんですね。し、知らなかった・・・Σ(゚д゚lll) よくよく思い出してみれば、確かにえんぶりの舞いに田植えを思わせるような部分もあったなぁ。。。
c0048667_1734467.jpg
 次に、えんぶりの型について。写真にもあるとおり、えんぶりには「ながえんぶり」「どうさいえんぶり」の2つの型があるんですよ。『それ、どうやって見分けるのよ?』と疑問に思った方。いい質問です(ニヤリ

 基本的に見分け方は2つ。えんぶりの舞いと烏帽子で判断出来るんですね。

≪ながえんぶり≫
○古来から伝わるもので、比較的唄や摺り(舞い)がゆったりしていて落ち着いている。
○太夫(えんぶりを舞う人のこと)の主役である藤九郎がかぶる烏帽子には牡丹、組によってはウツギの花をかたどったものがつけられている。

≪どうさいえんぶり≫
○唄も摺りもテンポが速く、勇壮活発である。
○マエガミと呼ばれる5色のテープ状の切り紙を何枚も重ねて、烏帽子の前頭部に下げている。

 どうでしょう皆さん、わかりましたか? 2つの型の決定的な違いはやはり烏帽子でしょうね。まぁ私も小さい頃はまったく見分けがつきませんでしたから、わからずとも気にしないでこれから覚えてください(´▽`)アハハ

 さて、まだまだ載せたい写真はいっぱいあるんですが、多すぎるので次回にしたいと思います。w 次回はじっくりと烏帽子を堪能していただきますよ~!!! では、これにてドロン!(/ω\)
 
【参考ページ】
えんぶり豆事典
中居林えんぶり組 公式サイト

●現在184位!参考になった方はクリックお願いします(ペコリ ↓
東北blogランキング
[PR]
by senbeiziru | 2006-02-10 18:49 | 八戸えんぶり関連 | Comments(14)

<せんべい汁推進委員会> 密着!『八戸えんぶり2005』 -かがり火えんぶり-

 さっきの続きで、今度は『かがり火えんぶり』について写真を交えて紹介していきましょう!

c0048667_1133397.jpg
 かがり火を手前に、えんぶりの旗を撮影。かがり火えんぶりって、つい最近観光客向けにやるようになったものなんですよ。

c0048667_1134694.jpg
 この日は濡れ雪が降っていて、足元が水たまりで靴が濡れました;;めちゃ寒かった;;でも、ステージも当然濡れてるわけですよ。よく滑らずに摺りができるなぁ・・・と感心してしまいました。かく言う私も、やれ携帯で撮影、やれ一眼レフカメラで撮影とてんてこまいでした(汗)

c0048667_11165839.jpg
 このえんぶり組は、どうさいえんぶりですね。前に紹介した「藤九郎」がいませんので。(写真参照)

c0048667_11182118.jpg
 激しい摺りを見せてくれました。ほんとは携帯で動画も撮ったんですよ。だけど、載せ方がわかりませんのでお見せできません;;

 いかがでしたでしょうか?まぁ冬の祭り=雪祭りって思い浮かべる人が多いでしょうけど、これは春を呼ぶ祭りなので・・・冬ともつかないんですよね。
 青森県ってのは4月に入っても雪が降る、ほんとの北国ですから;; 春が待ち遠しいんですよほんと・・・。早く春が来て、ここに桜の写真でもアップしたいですね。
[PR]
by senbeiziru | 2005-02-22 23:59 | 八戸えんぶり関連 | Comments(6)

<せんべい汁推進委員会> 密着!『八戸えんぶり2005』 -どーさいえんぶり-

 えんぶり見てキタ━ヾ(   )ノ゛ヾ( ゚д)ノ゛ヾ(゚д゚)ノ゛ヾ(д゚ )ノ゛ヾ(  )ノ゛━━!!・・・と、少々興奮が覚めやらぬ管理人ですが、ちゃーんとえんぶり見てきましたよ!!!ただ、あいにくその日は天気が悪くて撮影がかなり大変でしたけど(汗)同行した母が、私がなりふり構わずずっと写真撮ってるもんでぶーぶー言ってましたしね。w 下が水たまりで靴が濡れるぐらいの最悪のコンディションだから、文句言うのも仕方がないわけですがw

 紹介する前にえんぶりのことを軽く説明。

 青森県八戸市の民俗芸能として、昔から受け継がれてきた「八戸えんぶり」。詳しいことはわかりませんが、かれこれ江戸時代からずっと行われてきた春を告げる豊作祈願のお祭りだそうです。
 「えんぶり」という名前の由来は、昔「えぶり」という農具を手に持って舞ったことからそれが訛って「えんぶり」なったと言われています。烏帽子(えぼし)をかぶって踊る舞い手のことを太夫(たゆう)といい、舞うことを「摺る(する)」と言います。太夫は3人または5人(5枚烏帽子)で編成され、その他、笛、太鼓、手平鉦(てびらがね)、歌い手など総勢15~20人ぐらいになり、これを1組というんですね。

参考ページ はちのへJPコンテンツ~八戸えんぶり

 ・・・うん、真面目に説明できたぞ(何)

 よっしゃ、それでは早速写真交じりで紹介していきましょう!

c0048667_922721.jpg
 まずはこれ。このポスターは八戸駅で撮影したものです。今年の『八戸えんぶり』のポスターはこんな感じですね。ちなみにポスターにある「ドーサイ ドーサイ」という言葉は、母曰く「テンポの速いえんぶりの摺りの名前」であるとのこと。方言というか、八戸独特の言葉ですね。
 元々えんぶりには2種類の『摺り』があって、歌や仕草がゆっくりしてるのは古いかたちの「ながえんぶり」、反対に唄も摺りもテンポが早く勇壮活発な方は「どうさいえんぶり」と言うらしいですよ。私が今回見てきたのは「どうさいえんぶり」の方でした。

c0048667_9523063.jpg
 お昼のえんぶり巡業の様子です。現在は観光化しつつありますが、元々はこうして中心街のお店を回ったり市内の家に行ったりして、商売繁盛や家内安全などを祝うために摺りをしているんです。昔はお殿様に見せるために摺りをしたらしいんですが。
 「烏帽子」というヨットの帆のような形のものをかぶって、唄に合わせて頭を振るのがえんぶりの摺りというもの。私も小さい頃は、幼稚園なんかでこの「烏帽子」を作ったことがありますよ(笑)もちろんこの写真の「烏帽子」はもっともーっと手間がかかるものなんです。

c0048667_9581412.jpg
 早速お店の前で商売繁盛を祝ってますね。写真に注目、奥の方に赤い牡丹の花がついてる烏帽子をかぶった方がいますよね?その方を「藤九郎(とうくろう)」とこっちでは呼んでいます。「藤九郎」は、昔ながらのながえんぶりにしかいません。ながえんぶりとどうさいえんぶりの烏帽子って、よく見ると違うところが幾つかあるんですよ。是非見に来て探してください!(無理?)

 と、言うわけで昼のえんぶりの様子はここまでで一旦締め切らせてもらいます。w 夜のもあるんですが、このまま続けると長くなるので別のに書き直します(∩´∀`)∩
[PR]
by senbeiziru | 2005-02-22 22:43 | 八戸えんぶり関連 | Comments(0)

<せんべい汁推進委員会> 密着!『八戸えんぶり2005』 -エピローグ-

 きました、ついにこの時期がやってまいりました!!!普段はせんべい汁関連についてお知らせしてますが、実は「八戸」について紹介する場所でもあるんですよここぱ+.(・∀・)゚+.゚イイ!! なんてったってHPからブログに移転したのは、写真付きで詳しく八戸について紹介できるようにするためだったので(`・ω・´)

 さて、今日は一体何の紹介かといいますと・・・

 『八戸えんぶり2005』!

 2/17~20の4日間、八戸市で開催されているお祭りです(∩´∀`)∩ キャッチコピーが「みちのく五大雪祭り」になってますけど、えんぶりって春を呼ぶお祭りでは?w な~んか腑に落ちないような・・・まぁいいでしょう。

 これから私、仕事終了後八戸に帰りますのでえんぶりの写真を撮影してここに載せたいと思います!!!今日はエピローグということで、これからの更新を楽しみにしててください( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) 念願の八戸のお祭りレポートが今回できるってことで、張り切って行ってきます!!!
[PR]
by senbeiziru | 2005-02-18 12:23 | 八戸えんぶり関連 | Comments(4)