進め!八戸せんべい汁推進委員会

カテゴリ:加賀美流騎馬打毬( 8 )

年に一度しか見られない、今日は加賀美流騎馬打毬の日!

c0048667_161350.jpg


八戸三社大祭の中日に当たる8月2日、まさしく今日ですね!!!

長者山新羅神社の桜の馬場にて、加賀美流騎馬打毬を見ることが出来るんです(^^)


c0048667_18397.jpg


約180年もの歴史を誇る騎馬打毬。
現在は宮内庁と山形市、そして八戸市の3ヶ所で行われています。

(写真は、2013年8月2日の騎馬打毬で撮影したものを使用しております)


c0048667_110431.jpg


【騎馬打毬とは?】

各4人の騎馬武者が紅白二軍に分かれ、馬を巧みに操りながら、
手に持った毬杖(先に網のついた棒)を使って紅白の毬をすくい上げ、
ゴール(毬門)に競って投げ入れる競技。



c0048667_1141039.jpg


何となく調べてみたところ、八戸市で行われている騎馬打毬や徒打毬、
どうやら山形市のものとは少し違うスタイルらしい?

参照リンク:古式打毬(山形豊烈打毬)

山形の打毬は、毬門ではなく壁の真ん中に開けられた穴に入れるようですねー。
それぞれ相手の軍の攻撃を防御することはないようで・・・「加賀美流」と呼ばれる所以は、その違いにあるのかな?


c0048667_1222024.jpg


全国的にも貴重な騎馬武術、熱い戦いを貴方の目で見てみませんか?

(なお、桜の馬場は結構蚊が飛んでいるので要注意ですよ~w)



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ




[PR]
by senbeiziru | 2014-08-02 01:28 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(0)

魅せられる、加賀美流騎馬打毬

c0048667_0283655.jpg


紅白それぞれの騎馬武者達は毬杖を器用に使い、毬門を目指して力強く毬を投げ入れます。


毎年楽しみにしている加賀美流騎馬打球、今年も行ってきましたよー!!!

昨年も一度、マグボトルに毬がポーンと当たりましたが・・・今年は足とお腹の2ヶ所に“当たる”という運の良さ!w


此方も後日改めて更新いたしますので、暫しお待ちくださいませーm(_ _)m



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ




[PR]
by senbeiziru | 2013-08-03 00:34 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(0)

【後編】 長者山新羅神社 桜の馬場にて 加賀美流騎馬打球

c0048667_18123424.jpg


騎馬武者2人と一緒に写っているのは、紅軍と白軍の毬童子(まりどうじ)。

競技が始まる前に、桜の馬場へ紅白の毬を4つずつ置く役割を担っています。

続きはこちらをクリック。
[PR]
by senbeiziru | 2012-08-13 19:57 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(0)

【前編】 長者山新羅神社 桜の馬場にて 加賀美流騎馬打球

c0048667_1542684.jpg


当ブログで 加賀美流騎馬打毬 を紹介するのは、実に4年ぶりの事らしい!!!

(いや、実は一昨年も見に行ってたんですけど・・・単にブログにUPしなかっただけという^^;)

続きはこちらをクリック。
[PR]
by senbeiziru | 2012-08-04 19:28 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(0)

青森県の夏祭りシリーズ -No.4 加賀美流騎馬打毬-

c0048667_22474744.jpg

約2ヶ月ほど前の出来事で、大変申し訳ございませんが・・・

今年の8月2日に長者山新羅神社で行われた、加賀美流騎馬打毬 の様子を紹介したいと思います。

c0048667_22512335.jpg

皆さんは“騎馬打毬”という言葉を耳にしたことがありますか?

約180年もの歴史を誇る騎馬打毬は現在、宮内庁と山形市、そして八戸市の3ヶ所しか残っておりません。
八戸市では毎年、三社大祭の中日に長者山新羅神社の桜の馬場で行われています。

c0048667_2257979.jpg

騎馬打毬と流鏑馬、一見同じ武芸のように感じますが・・・実は全く違うものなんですよ。

<流鏑馬>
疾走する馬上から弓を射るという騎射の一種


<騎馬打毬>
各四人の騎馬武者が紅白二軍に分かれ、馬を巧みに操りながら、
手に持った毬杖(先に網のついた棒)を使って紅白の毬をすくい上げ、
ゴール(毬門)に競って投げ入れる競技


c0048667_22581993.jpg

騎馬打毬の競技中は雨がずっと降っていて、一眼レフを濡らさないようにするのが大変でした(;´Д`)

(でも、結局は後で水濡れして故障させるわけですが;;)

↑の写真からもわかるように、雨でも沢山のお客さんがいらっしゃってました。
今年は天気に恵まれませんでしたが、晴れていたらもっと多くの方が見に来ていたでしょうね~

c0048667_2343746.jpg

これが毬門です、紅白の毬を杖で上手く運びながら投げ入れる場所ですね。

ちなみにこれ、騎馬打毬に勝利した白組が杖を掲げながら帰還する時の写真でございます。
負けた組は、勝った組よりも後から毬門をくぐらなければいけないみたいです。

c0048667_23183189.jpg

騎馬打毬の鑑賞は今年で3回目だけど、ほんと写真撮影が難しい競技ですねぇ。。。

馬の動きが予測できないだけあって、いつどんな風に白熱するのかタイミングが中々掴めないのですよ(汗)

こりゃ、時間を掛けてじっくり鑑賞しろということでしょうな。
ということで、来年もまた騎馬打毬を見に、新羅神社へ行きますね~!!!

●現在110位。暑いのは嫌だけど、雨が降る中での撮影はもっと嫌でございます;;
青いタグをクリックしていただけると、ブログランキングの順位が上がります → 

[PR]
by senbeiziru | 2008-10-01 23:26 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(4)

加賀美流騎馬打毬、ここに在り

c0048667_23575112.jpg

八戸三社大祭の中日である8月2日は、長者山新羅神社の桜の馬場で加賀美流騎馬打毬が行われる日でもある。

c0048667_23593477.jpg

現在、山形市の豊烈神社と宮内庁、そして八戸市の新羅神社でしか騎馬打毬は行われていない。

c0048667_23595496.jpg

流鏑馬と同じ騎馬武術として、3ヶ所だけではあるが騎馬打毬は現在も続いている。

c0048667_0112344.jpg

騎馬打毬は、紅白の組に分かれた武者達が毬杖を巧みに操り、毬門に毬を入れる事で点数が入る競技である。

c0048667_0162743.jpg

一見簡単そうに見えるが、乗馬や毬杖の操り方などを上手くこなさなければならないため、騎馬打毬はとても難しい。

c0048667_0213862.jpg

更に、毬門へ毬を入れる際は敵のディフェンスが許されている(最初に毬を入れる時以外)。

c0048667_0381472.jpg

ふう・・・この口調で説明するのはいいんだが、慣れていないせいか段々疲れてきたぞ。。。(汗)

おっと、この写真は勝った組の様子ですね(すっかり口調が戻っちゃいましたw)。

c0048667_0403720.jpg

最後は、徒打毬に参加していた向陵高校の紅一点の写真で締めくくりたいと思いますw 更新がだいぶ遅くなっちゃいまして、どうもすみませんでしたm(_ _)m


●現在28位。次回から普通の更新に戻ります! 応援してくれる方はぽちっとクリックお願いします↓


こっちもぽちりとよろしく。
ブログランキング

[PR]
by senbeiziru | 2007-08-18 23:59 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(6)

加賀美流騎馬打毬 -後編-

c0048667_1655223.jpg
 こないだ更新した騎馬打毬の記事がまだ途中だったので、今日は後編をレポしていきたいと思います( ´∀`) 恐らく八戸市に住んでいても「まだ見たことないよ~」って方が結構多いでしょうからね、この記事をきっかけに来年は是非見に行っていただきたいと思います(`・ω・´) 「更新すんの遅いぞ!」っていうつっこみは勘弁してください|ω・`) コッソリ

 以前の記事はこちら。→『加賀美流騎馬打毬 -前編-』
c0048667_16554499.jpg
 この日は午前中まで割と涼しかったんですが、お昼から急速に気温が上がってかなり暑かったです(;´Д`) でも、↑の写真からもわかるように暑くてもたくさんのお客さんがいましたよ。場内アナウンスによれば、年々騎馬打毬を見に来る人も増えているとの事。すぐ近くで騎馬武者の巧みな技や馬の走りが見られるわけですからね、観光客が増えているだけのことはあるなぁと思いました。
c0048667_1656317.jpg
 これは、『毬門に毬を入れようとしている白の騎馬武者を赤の騎馬武者が防御している』光景です。騎馬打毬は敵へのディフェンスも可能なんだとか(ただし、最初の点を入れる時は敵が防御してはいけないとのことです)。神前で行われる競技なので、複雑なルールを文章で説明するのがなかなか難しいわけですが・・・武芸から来ている競技なのでルールにはやはり“礼に始まり、礼に終わる”が徹底されています。詳しい内容が知りたい方は実際に見るのが゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!ですね。間近で見る迫力とか、是非とも体験して欲しいです。
c0048667_16563058.jpg
 八戸市には、馬に乗らないで打つ“徒打毬(かちだきゅう)”というものもあります。この徒打毬、どうやら全国でも山形市八戸市でしか行われていないみたいですよ(検索してみたけど、2つの市の名前しか出てこなかったので宮内庁では行われてないのかな?) 全国では殆ど行われていないこの競技、これからもずっと継承していって欲しいですね。。。無くなるのは幾ら何でも寂しいよ(´・ω・`)

 ちなみに、↑の写真に写っているのは向陵高等学校の生徒さん達です。紅一点である女子の方が白の主将さんをやっていてびっくり!Σ(゚д゚lll) 何にしても、郷土芸能に関する部活があるのはとってもいいことだと思いました(*´∀`)

●現在55位。お盆だからって休んでいられないのよね_| ̄|○ 応援してくれる方はぽちっとクリックお願いします↓


こっちもぽちりとよろしく。
ブログランキング

[PR]
by senbeiziru | 2006-08-14 06:56 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(6)

加賀美流騎馬打毬 -前編-

c0048667_15551288.jpg
 皆さんは“騎馬打毬”という言葉を耳にしたことがありますか?約180年の歴史を誇る騎馬打毬は現在、宮内庁と山形市、そして八戸市の3ヶ所でしか残っていません。我が八戸市では毎年、三社大祭の中日に長者山新羅神社にて行われています。
c0048667_16181967.jpg
 てなわけでこんにちわ!八戸市もようやく梅雨が明けて清々しい気分のなかちっぱです(*´Д`)スキーリ しかし、梅雨が明けたということはこれから暑くなるということ。今日の最高気温も30℃とのことですからね~、今まで涼しかった分の反動が来そうで怖いです(((( ;゚д゚)))アワワワワ

 さてさて。昨日は三社大祭の中日だったわけですが、生まれて初めて長者山新羅神社の加賀美流騎馬打毬を見に行ってきましたーヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ ↑の2枚の写真は、まさしく昨日行って撮影してきたもの。ちなみに2枚目に写っている子達は毬童子(まりどうじ)なんだそうですよ。騎馬打毬に使う毬を中央の位置に置く役目を果たしてました!
c0048667_1727856.jpg
 もしかして鑑賞する前の私と同じように、騎馬打毬を流鏑馬だと勘違いしていらっしゃる人も中にいるのではないでしょうか。

○流鏑馬
 疾走する馬上から弓を射るという騎射の一種

○騎馬打毬
 各四人の騎馬武者が紅白二軍に分かれ、馬を巧みに操りながら、手に持った毬杖(先に網のついた棒)を使って紅白の毬をすくい上げ、ゴール(毬門)に競って投げ入れる競技

 とまぁ、こんな風に違うものなんですよ。↑の写真の騎馬武者さんが持っている細長い棒が毬杖。かぶっている兜(?)も比べてみると赤白分かれてるでしょ?ルールを説明するとめっちゃ長くなるのであれなんですが・・・まぁ、簡単に言うならば馬に乗りながらユニホックをやるという感じかなぁ?ちなみにユニホックとは陸上でやるアイスホッケーのような競技のことです。
c0048667_17444980.jpg
 ちょーっと写真がたくさんあるので、今回の記事は前編・後編にわけたいと思います。後編は明日の五所川原立ちねぷたから帰って来てから更新しますんでお待ちくださいね!(コメントの返信ももうしばらくお待ちください、今のところ記事を更新するので精一杯なの;;)

<参照サイト>
『八戸三社大祭 騎馬打毬』
『八戸市櫛引八幡宮 流鏑馬』

●現在61位。騎馬打毬に感動した!応援してくれる方はぽちっとクリックお願いします↓


こっちもぽちりとよろしく。
ブログランキング

[PR]
by senbeiziru | 2006-08-03 17:52 | 加賀美流騎馬打毬 | Comments(14)