進め!八戸せんべい汁推進委員会

魅力溢れる、木のからくりおもちゃ達

c0048667_2131193.jpg

さて、皆さんに問題です。 この木のおもちゃの題名は一体何でしょ~か?

答えは・・・「出る杭は打たれる」という、ことわざからアイディアを得たおもちゃでした!!!

c0048667_2157232.jpg

ちょっと前の話になりますが、今年の3月中旬に中合三春屋で開催されていた
高橋みのる作品展 の様子を紹介したいと思います(御本人から撮影許可はいただいておりました)。

高橋みのるさんは、国内外で広く活躍している木のからくりおもちゃ職人。
数々のコンクールで入賞しており、百貨店などで個展を開いたりもしているそうです。

c0048667_2282331.jpg

驚いたことに、高橋みのるさんの作品にはネジやクギなどといった金具は一切使われていないそうです。

ここをどういう風にすれば動くのか・・・など、全てが緻密に計算された上で作られています。
実際に手動で歯車を回してみると、からくりおもちゃがとってもスムーズに動くんですよ~。

c0048667_22225865.jpg

高橋さんのおもちゃは、1つのテーマに限らず様々なものを題材にして作られているのが魅力ですね。

それが動物だったり、植物だったり、ことわざだったり・・・と、作品のバリエーションが本当に豊かなんです。

c0048667_22275331.jpg

作品展は大分前に終わっておりますが、1ヶ所だけ高橋みのるさんの作品を見ることが出来る場所があります。

その場所とは・・・三沢市にある 青森県立 三沢航空科学館

館内のエントランスに、3年もの時間を費やして作られた 木のからくり飛行船 があるそうなので、
興味のある方は一度見に行ってみてくださいね( ´∀`)ノ

●現在27位。そういえば、しばらく三沢航空科学館に行ってないなぁ。。。(汗)
応援してくれる方は青いタグをぽちっとクリック(一押し) → 

[PR]
by senbeiziru | 2008-06-08 22:36 | 南部地方 職人の技