進め!八戸せんべい汁推進委員会

弘前公園の桜を、和歌にのせて

c0048667_18214715.jpg


久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

(『古今集』 詠人:紀友則)






c0048667_18513821.jpg


さくら花 ちりぬる風の なごりには 水なきそらに 浪ぞたちける

(『古今和歌集』 詠人:紀貫之)



c0048667_18554643.jpg


咲けば散る 咲かねば恋し 山桜 思ひたえせぬ 花のうへかな

(『拾遺和歌集』 詠人:中務)



c0048667_1934185.jpg


ながむとて 花にもいたく なれぬれば 散る別れこそ 悲しかりけれ

(『新古今和歌集』 詠人:西行上人)



c0048667_19105493.jpg


匂へども しる人もなき 桜花 ただひとり見て 哀れとぞ思ふ

(『風雅和歌集』 詠人:慶政上人)



c0048667_2140271.jpg


さくら桜 そして今日見る このさくら 三たびの春を 我ら歩めり

(『プーさんの鼻』 詠人:俵万智)



c0048667_22285220.jpg


散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき

(『伊勢物語』 詠み人知らず)



c0048667_22365759.jpg


花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

(『勅撰集』 詠人:入道前太政大臣)



c0048667_2250593.jpg


いま桜 咲きぬと見えて 薄ぐもり 春に霞める世のけしきかな

(『新古今和歌集』 詠人:式子内親王)



c0048667_2334696.jpg


待てと言ふに 散らでしとまる ものならば 何を桜に 思ひまさまし

(『古今和歌集』 詠み人知らず)




今回は桜に関する和歌や短歌にのせて、弘前公園の桜を紹介いたしました。


桜という花は不思議なもので、昔も今も、日本人は春になると蕾が開くのを待ち焦がれ、
そして散っていく花びらに切なさや侘しさを感じてしまうんですね。


青森県の今年の桜は、残念ながら天候に恵まれず
満開の時期を見逃してしまったという方も多いのではないでしょうか?

散ってしまった桜を元に戻すことは出来ませんが、
せめて桜の写真を和歌と共に楽しみながら、春を感じていただけたら幸いです。



[PR]
by senbeiziru | 2012-05-08 23:59 | 青森県内探索 | Comments(2)
Commented by JADE at 2012-05-18 11:11 x
ああーーーずるいーーー。
私、今年はまともな桜、見てないです~。
Commented by senbeiziru at 2012-06-09 22:38
>JADEさん

いやー、今年は天気が悪かったせいでゆっくり見られませんでしたね。
あんなにもあっさりと散ってしまうなんて思いもしませんでした(^^;