「ほっ」と。キャンペーン

進め!八戸せんべい汁推進委員会

青森県伝統工芸士 八幡馬 鉈削り四代目 大久保直次郎さん

c0048667_17151757.jpg


台車に乗っている2体の八幡馬。此方を制作しているのは・・・皆さんご存知の通り。

青森県伝統工芸士にも認定されている、八幡馬伝統鉈削り四代目大久保直次郎 さんです。





c0048667_1725441.jpg


初めて大久保さんとお会いしたのが、2007年の新幹線はやて開業5周年イベントの時。


気がつけば、あれから約4年半もの月日が流れていたわけですね。

現在もこうやって親交が続いています事を、心から嬉しく、そして有難いと感じております。


c0048667_17352384.jpg


大久保さんの八幡馬は、自宅の隣にある小さな工房で製作されています。

毎度のことながら、その丁寧さを間近で見る度に心から感心せずにはいられません。
馬を作るための木を選ぶのも、鉈で削るのも、色付けをするのも・・・全て1人でこなしているんですよ。


c0048667_17464767.jpg


八幡馬は主に、カツラかヒバの木材を使って製作されています(大久保さんの場合)。

先代はアカマツの木材をお湯で煮、昔の炉燵(こたつ)で乾燥させてから製作していたんだそうです。
しかし、次第に大きなアカマツの木材が少なくなってきたため、やがて桂の木へと変わっていったのだとか。


c0048667_1758411.jpg


タテガミに関しても、昔は本物の馬の毛を使っていたそうなんですけど・・・

仕入れが難しいのと、虫が湧いてしまう事があるのだそうで、現在は黒く染めた麻の繊維を使っています。


c0048667_1844942.jpg


この日は八幡馬製作工程の1つ、タテガミと尻尾を取り付ける作業をしていました。


c0048667_18193750.jpg


タテガミ取り付け専用の木の棒で、麻を小さい穴に押し込めた後、金づちで打ちつけます。


c0048667_18225124.jpg


小さく開けた穴にちゃんと入っていくよう、時々木の棒を削りながら調整していきます。


c0048667_18294551.jpg


「早く尻尾も付けてくれないかな~」なんて待っているように見えて、何だか可愛いですね(^^)


c0048667_1832210.jpg


作業中にシャッター音が邪魔にならないだろうか?と、いつも気になっていたんですが・・・

「大丈夫、大丈夫。今まで実演販売を何回もやってきたから、もう慣れたよ」と笑顔で答えてくれました。


c0048667_18364027.jpg


タテガミと尻尾と付けた後、ハサミで長さを調節すればこの工程は終了です。


c0048667_18393318.jpg


こっ、これは・・・たねブロでも紹介されていた、八幡馬の猿のり馬コではないですか!!!

実物を見るのは私も初めてです。猿のり馬コなんて種類があること自体、つい最近まで知らなかったですから@@;


c0048667_1844226.jpg


八幡馬の台車と猿のり馬コをコラボレーション。こんな光景、中々見ないでしょ?w



5月に入り、段々と暖かくなってくればやがて田植えの季節。

元々農閑期の副業として成り立っていたものですから、大久保さんもこれからは農業に従事。



そうそう。基本的に大久保さんの八幡馬はユートリーでしか販売しておらず、
それ以外では直接注文を受けた場合のみ、空いた時間で製作を続けるのだそうですよ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ



[PR]
by senbeiziru | 2012-05-04 18:52 | 南部地方 職人の技 | Comments(2)
Commented by 北のおじさん at 2012-05-06 07:46 x
大久保さんの着衣は、今一だけど、北の工人のいい所に
着眼!!
Commented by senbeiziru at 2012-06-09 22:29
>北のおじさん

大久保さんの写真を撮る時は、特に此方から要求する事もしないので普段の格好でやってもらってました(^^;