進め!八戸せんべい汁推進委員会

えんぶり特集 その6 -重地えんぶり組 一斉摺りにて-

c0048667_16303489.jpg


一斉摺りと言えば、三日町や十三日町など表通りの印象が強いですが・・・

肴町、と呼ばれている六日町でも多数のえんぶり組が摺りを披露しています。





c0048667_16343343.jpg


此方は新井田地区に数あるえんぶり組の1つ、重地えんぶり組。

胸あてには、対泉院の「泉」の字が書かれた扇子の模様が見られます。


c0048667_1647780.jpg


重地えんぶり組は、自分が好きな組の1つなんですよ。

(一体、いくつ好きな組があるのかは・・・内緒)


c0048667_16495985.jpg


ながえんぶりは仕草がゆっくりとしていると言われがちですが、見てくださいこの動き!

烏帽子を左右に振る時には、ものすごーく機敏なんですよ。


c0048667_165456100.jpg


数年前に初めて重地えんぶり組と出会った時も、ちょうどこの辺りの場所で摺っていました。

えんぶりは、大地に眠る神を揺さぶり起こす神事だと言われていますが・・・
個人的には、重地えんぶり組の太夫さんが大地の神を表現しているように見えます(何故かな?)


一斉摺りは各えんぶり組毎に分けて紹介していきますので、またまた記事が増える予定・・・です(^^;)
[PR]
by senbeiziru | 2012-03-09 18:00 | 八戸えんぶり関連 | Comments(0)