進め!八戸せんべい汁推進委員会

えんぶりの里 写真展・人形展

c0048667_15134045.jpg

下崎雅之さんの作るえんぶり人形に出会い、心奪われてから3年。

年々新しい人形が増えていくのを、楽しみにしながら写真を撮っていたりしますw




c0048667_15294429.jpg

2月17日の深夜に長者山新羅神社へ行くと、こういう風にお酒を飲んでいる親方さんが必ず1人はいたりしますね。

八戸市江陽の夢百貨ギャラリーで行われていた えんぶりの里 写真展・人形展、皆さんは見に行かれました?
「見るの忘れた!」という方のために、今更ながらブログで会場の様子をお伝えしたいと思います(^^)

c0048667_15412783.jpg

摺りをする時に右足をひょこっと上げる動作をするのは、塩町えんぶり組 の太夫さんですね。

烏帽子についている桃色の紐も、塩町えんぶり組だと判断する材料の一つだったりしますw

c0048667_16525945.jpg

中居林えんぶり組 の「鶴の羽返し」、下崎さんから教わったのですが・・・

当日は写真を撮るので精一杯なため、どの時に鶴の羽返しをしているのか、中々気づくことができません(^^;)

c0048667_176090.jpg

勢いよく太鼓を叩く親方さん、今にも音色が聞こえてきそうな感じですねぇ~

リズムに乗っている感じが上手く表現されていて、見ているとお囃子が頭の中に流れてくるみたい。

c0048667_1711081.jpg

これは確か、糠塚えんぶり組の太夫さんだったかな?
水色の胸当てと真ん中にある稲穂のマークが特徴的ですね。

長者まつりんぐ広場へ集まるようになってから、こんな風に烏帽子を持っている太夫さんをよく見かけます。

c0048667_1720595.jpg

水色の衣装を纏い、お囃子に合わせて軽快に踊るのは 東十日市えんぶり組 の恵比寿様。

実際に一斉摺りの時に撮影した恵比寿様の写真もありますので、後日更新させていただきますね。

c0048667_1737403.jpg

やややっ、この親方さまが首に巻いているのは・・・きっ、狐!?

これまたすんごい襟巻つかってますけど、寒い時ですからさぞかし暖かいでしょうね。
帯のところに取締組の旗と、お財布(?)がちゃんと付けられているところが何ともリアルだなぁ・・・w

c0048667_1739535.jpg

最後は中居林えんぶり組の「田植え」で締めくくりたいと思います。

青森県にもいずれは春が訪れ、桜が咲き、そして田植えの時期がやってくるんですね・・・

[PR]
by senbeiziru | 2010-03-20 17:42 | 八戸えんぶり関連